2015年03月23日

春分の日(+1日)の太陽高度


例によって、春分の日の太陽高度を
測ろうとしたのですが、21日は曇り
時々雨という天気で残念ながら測定
できませんでした。

翌日22日は良く晴れたので、測定に
挑戦です。

春分の日の太陽高度
[日時計]

結果は、日時計の影の長さは
40.9p
この値から太陽高度を計算すると、
55.3度でした。

春分の日の太陽高度
[日時計の影の長さ]

国立天文台のサイトで計算すると、
55.2度なのでほぼ正解です。

もし、21日に測定すると、日時計の
影の長さは41.6pで、大陽高度は
54.8度になります。

1日違うだけでも、高度で0.4度
影の長さは0.6p違ってきます。
太陽一つ分弱高くなるんですね。

生活の一つの基準である暦を、昔の
人々はこうして「天測」して決めて
いたのでしょうね。

ちなみに、前回(冬至の日)太陽を隠して
いた木は、枝が切られていました。
このブログで切られたのだろうか?

春分の日の太陽高度
[枝が切られた木]

posted by ほし丸 at 00:48| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。